Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Y_hagurin’s diary

パソコンの奴隷

CapsLockキーをCtrlキーとして認識させる

LinuxMint環境で CapsLockキーをCtrlキーとして使えるように キーバインドを変更する

  1. Menuを開く
  2. Preference > Keyboard (Set your keyboard preferences)を選択
  3. Layoutsタブ中の"Options..."をクリック
  4. ▶Caps Lock key behaviorをクリックして開く
  5. "Make Caps Lock an additional Ctrl"ボタンを選択
  6. Closeする
Ctrlキー(C)との組み合わせ 操作
C-a カーソルを行頭へ
C-e カーソルを行末へ
C-p カーソルを上へ(previous)↑
C-n カーソルを下へ(next)↓
C-b カーソルを左へ(backward)←
C-f カーソルを右へ(foreward)→
C-v ページ送り
C-o カーソルの後ろを改行
C-l カーソル位置が画面の中央に来るようにする
C-h backspace
C-d Delte
C-k カーソルから行末までを消去
C-w 画面を閉じる
C-q アプリを終了
C-z 元に戻す
- 以上がどのアプリ上でも使う
- 以下はターミナル上で使える
C-m 改行(Enterと同じ)
C-u やり直し(undo)
C-t 文字の入れ替え
C-w カーソルから行頭までを消去
C-r コマンド履歴内を検索
C-y paste
C-g quit(コマンドを実行しない)
  • よく使う組み合わせ
    • C-a & C-k : カーソル行を消去
    • C-a & Shift-C-e (またはC-e & Shift-C-a) : カーソル行を選択
    • Shift-C-v長押し : カーソル以下全選択