Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Y_hagurin’s diary

パソコンの奴隷

Linux Mint 17.1上のVMware Playerに、ホストOSとしてWindowsを仮想でインストール

Linux Mint 17.1 Rebecca MATE版 64bitに
バーチャルマシン"VMware Player for Linux 64-bit Linux(7.1.0)"を使って
Windows7とWindows10を仮想でインストールする

Windows ISOを用意しておく

VMwareをダウンロード

  1. VMware公式サイトからVMware Playerをダウンロード
  2. ターミナルを開く
  3. ダウンロードしたbundleファイルを下記コマンドで起動する
    % sudo sh VMware-Player-7.1.0-2496824.x86_64.bundle
  4. インストーラの手順に従ってInstallする
  5. Menuの中にVMware Playerというアプリケーションが入ってるのでクリックして起動
    • 営利目的ではない無料のライセンスで利用する
    • アドレスの入力を求められる

VMwareWindowsをインストール

  • VMware起動後、"Create a New Virtual Machine"をクリック f:id:Y_hagurin:20150310202349p:plain
  • 仮想環境で使いたいホストOSのisoファイルを選択
    • 2つ目のボタン"Use ISO image:"を選択、さらに"Browse..."から用意しておいたOSのisoファイルを選択
    • "Next"をクリック f:id:Y_hagurin:20150310202507p:plain
  • 名前、パスワードを入力、Log on automatically (requires a password)にチェックを入れて"Next"をクリック
    • Windowsのバージョンをisoのものと合わせる
      • ここでは、Windows 7 ProfessionalとWindows 10 Technical Previewだが、Win10がなぜか選択肢にないので、仕方なく放置する
    • プロダクトキーがあれば入力、なければ後で入力することにする
      • Windows 10 Technical Previewはプロダクトキーがないから空欄のまま f:id:Y_hagurin:20150310202616p:plain
  • 仮想Windowsを動かす場所をLocation: > "Browse..."をクリックして決めた後、"Next"
    • isoファイルのある場所でもよいし、"/tmp"以下のVMwareが入っている場所でもよい
    • 普段Linux Mintで作業する場所とはハッキリと分けた方がよさそう
    • ここでは、/home/[ユーザ]以下に作成したディレクトリに設定 f:id:Y_hagurin:20150310202905p:plain
  • Disk Sizeは各自使いたいだけ設定すればよい
    • ここでは、Maximum disk size: 60 GB、"Store virtual disk as a single file"として、"Next" f:id:Y_hagurin:20150310202936p:plain
  • 最後に設定を確認したあと、"Finish"をクリックすると、仮想環境でのOSが作成される
  • VMware起動後、64bitに対応していないという内容のErrorが出て"OK"を押すと終了してしまう…
    • Errorを読んでみるとBIOSの設定ができていないという内容が書いてあるので、再起動してBIOS設定画面を出す
      • 大抵のPCでは起動直後、F2キーを押し続けていればBIOSが開く f:id:Y_hagurin:20150310203023p:plain

BIOSの設定

  • 再起動してBIOS設定画面を開いて、以下のように変更した
    • Advanced > Intel(R) Virtualization Technology > [Enabled]
    • Advanced > Execute-Disable Bit Capability > [Disabled]
  • F10キーでSave and Exitして再起動

VMware上のホストOS(仮想Windows)を起動

  • Linux MintのMenuからVMware Playerを起動して、開きたいOSを選択・決定
  • VMware Tools for Windows 2000 or later version 9.2.2が使えるというポップアップが出るので"Download and Install"する
  • これでVMwareへのインストールが完了 f:id:Y_hagurin:20150310203104p:plain